脱毛サロンに通う頻度は毛周期に合わせるのが基本

脱毛サロンに通う頻度は、そう頻繁ではありません。
同じ美容サロンでも、痩身エステであれば週に一度程度、長くスパンをあけずに通うのが効果的であり、美肌を目指すフェイシャルの場合も月に1度から2度など期間をあけ過ぎずにメンテナンスしていくことが、目的を叶えるポイントになります。
これに対して、脱毛サロンは毛周期に合わせてが基本となります。
毛周期とは毛の生まれ変わりのサイクルであり、ぐんぐん成長する成長期と成長を中止して自然に抜け落ちてしまう退行期、そのうえで数週間~数ヶ月間にわたり毛が生えずに休んでいるという休止期から成り立っています。
全ての毛が同時進行でそろって同じプロセスを繰り返しているのではなく、全体の約3分の1程度が成長期、残りの3分の2は皮膚の中で休眠中であったり、毛を伸ばす準備をしていることになります。
光脱毛の場合、毛周期に合わせ1ヶ月以上の期間をあけて定期的に施術を受ける必要があります。
レーザー脱毛の場合も毛周期に合わせて2ヶ月~3ヶ月に1度の照射が効率的とされており、このペースで照射を行えば、部位にもよりますが、5回~6回程度、期間にして1年から2年程度で施術が完了できます。
光脱毛やレーザーの場合、メラニン色素に反応するため成長期に当たる毛以外は処理できず、毛周期がとても重要な要素になります。
これに対して、ニードル式の場合は成長期だけでなく退行期の毛についても対応が可能です。